株式会社センマ化学は、需要の高いレトルトパウチを始めとする複合フィルムにおいて中部地区でのパイオニアとして信頼を頂いている会社です。
HOME製品紹介新製品会社案内挨拶mail環境
会社概要
正式社名 株式会社センマ化学
事業内容 食品および工業用資材等の包装の企画から
製造販売までトータルに行う。
本社所在地 〒452-0962
愛知県清須市春日江先49
MAP
交通 名鉄「上小田井」駅下車、車で10分位
電話番号 052-409-5361
設立 1958年3月
資本金 2,000万円
従業員 26名
主な取引先 名古屋製酪、チタカ・インターナショナル・フーズ、
コーミ、JA愛知経済連、オリエンタル、他
平均年齢 34歳
沿革
昭和33年3月 名古屋市西区白菊町に於いて、ポリエチレン特殊加工販売を創業。
センマ商店として発足
昭和35年3月 名古屋市西区本郷町16に、本社・第一工場を建設。
東レ株式会社F研と技術提携。
超音波特殊シール加工の開発に成功。
カットマシン・スリット機 導入
昭和37年7月 資本金200万円をもって名称
株式会社センマを設立、法人登記。
高速プレス製袋機 導入
昭和43年5月 名古屋市西区本郷町3-21-22に第二工場を建設。
第一回増資 資本金400万円
第一・第二工場を合併し本社工場とする。
昭和43年5月 新型加工機 導入
昭和47年3月 第二回増資 資本金800万円
昭和50年1月 愛知県西春日井郡春日村に春日工場を新設。
ドライラミネート・スリット機 導入
昭和55年1月 社名 改名、株式会社センマ化学とする。
本社機能を春日工場に移転。
グラビア印刷機 導入
昭和57年1月 大型高速プレス製袋機 導入
昭和60年2月 製造第一課 グラビア印刷機 増設
昭和61年9月 大型高速プレス製袋機 導入
ガスクロ測定機 導入
昭和63年11月 大型自動プレス製袋機
スリッター機 導入
平成 2年1月 第三回増資 資本金2,000万円
平成 5年1月 最新鋭 コーディング&ドライラミネータ 増設
平成 5年5月 本社新社屋 竣工。
平成 7年1月 大型高速プレス製袋機 導入
平成11年3月 大型高速プレス製袋機 導入
平成12年5月 揚圧式大型空調設備 導入
平成14年4月 第一製造部 エアシャワー/クリーンルーム 導入
平成16年9月 ドライラミネート・異物検査装置 導入
平成18年3月 本社工場増設
新型特殊製袋機 導入
平成18年6月 電子レンジ対応パウチ 開発成功
特許出願
平成21年7月 大型高速プレス製袋機 導入
平成21年12月 グラビア印刷・異物検査装置 導入
平成23年1月 最新鋭 7色振分グラビア印刷機 導入
平成23年3月 グラビア印刷・異物検査装置 導入
平成23年8月 電子レンジ対応パウチ「STRONG POUCH D-FOLD」
特許取得 第4810137号