株式会社センマ化学は、需要の高いレトルトパウチを始めとする複合フィルムにおいて中部地区でのパイオニアとして信頼を頂いている会社です。
HOME製品紹介新製品会社案内FAQmail環境
会社概要/代表者挨拶・経営理念

社長挨拶

初めてインスタントカレーという形でレトルト食品が登場したのが1960年後半。
以来、私たちの食生活や生活習慣、食品流通の形態が変わるのにあわせ、レトルト製品は急速に普及し、いまや私たちの生活に欠かせないものとなっています。 ひと口にレトルトといっても、中の食品の性質や形状、保存方法、保存期間の違いにより、いろいろな素材が使いわけられ、さまざまな加工が施されています。
より長期の保存が可能で、開封するとよりおいしい状態で、できたてを再現できる―これこそが保存性食品の目指す未来です。日々新しい種類の保存性食品が世に送り出され、そのたび新しい素材、新しい加工技術が開発されていきます。技術開発力がなければ存続できない急速な進化の潮流の中で、当社は業界屈指の高い技術力と開発力によりオリジナル商品を提供し続けることで、高い評価をいただき、
各方面から厚い信頼とご支持をいただいております。

扇間社長

センマ化学は、カレーやスープをはじめとして、あらゆる食品等のさまざまな包材を受注生産方式で提供している企業です。ダイレクト取引による当社の特異性は、まず、お客様の求める多種多様な要望をぶれることなく企画・立案できると知識と提案力。そして、限られた時間の中で無駄なくスピーディーに商品化し納品できる技術力。さらに、お客様の要望に対し限りなく100%に近い状態で商品化できる独自の開発力です。
“お客様がこのように使いたいという要望を、その役割を果たすに足る商品として提供する”―これが当社の社会における役割なのです。

私たちは、この地球にある限られた資源を用いて製品を世に送り出しています。食品が入る包材は、開封されればゴミとして処分されるものが殆どですが、それをいかにリサイクルして再利用、又は別用途での再活用をしていくかを常に考えています。さらには、製造過程で排出される物質による大気への影響や、廃材の分別・再活用についても日々研究を続けています。
再利用さえできれば「捨てるものは何もない」のです。
モノを作るだけでなく、地球環境にも配慮することも、製造業者の社会的な使命だと私たちは考えています。

代表取締役 扇間 英樹

ポリシー

わたしたちの身の回りの多くの商品は、フィルムや紙によって包まれています。
それらは外見を美しく見せると共に商品自体を安全に、
清潔に保つための大きな役割を果たしています。
その究極のかたちを、センマ化学は「卵」と考えます。
「卵」のフォルムの美しさと、殻の外気、湿度、細菌等に対する保護性の高さは
まさに包装の理想形態といえます。
センマ化学は、昭和33年より複合フィルムの開発・印刷にたずさわって以来、
「卵」に見られる包装形態の理想を追求し続けていきたいと考えています。