株式会社センマ化学は、需要の高いレトルトパウチを始めとする複合フィルムにおいて中部地区でのパイオニアとして信頼を頂いている会社です。
HOME製品紹介レトルトボイル冷凍チルド一般包装新製品会社案内FAQmail環境
製品のご紹介

1960年代末、初めてレトルトカレー製品が登場。
以来、食生活や生活習慣の変化に伴い、レトルト製品の市場規模は大幅に拡大し、
様々な食料品の包装に、レトルトが用いられるようになりました。
今では、「レトルト食品」を口にしたことがない方は殆どいないことでしょう。
しかし、一見すべて同じもののように見えるこのレトルト食品のパック(パウチという)にも、
いろいろな種類があることをご存知ですか?
食品の性質や形状、また食品そのものの特性によって、
最も適した材質・形状のパウチが用いられているのです。
その種類たるや、星の数ほどと言っても過言ではない位です。
こちらでは、代表的なものをピックアップしてご紹介していきます。
タイトルレトルト

カレーやシチュー、スープ、おかゆなどの調理加工済み商品を入れる包材で、インスタント食品の中で広く普及しているもので、どなたもご覧になったことがあるはずです。常温で長期保存が可能ですが、材質・形状の違いだけでなく、酸化防止や湿気防止に効果のあるガスバリヤー機能の度合によっても、保存期間が大きく変わります。レトルトは、当社の持つ高い製造技術とオリジナル開発力がもっとも活かせる、センマ化学の主力商品でもあります。中でも、特許出願中の電子レンジ対応商品“どっちでもチン”は、業界の常識を超えた画期的な新商品です。当社は環境問題と真剣に取組み、レトルトでも“脱アルミ”をすすめています。

レトルトイラスト
>レトルト(カレー・シチュー・スープ)のフロー
>レトルト(おかゆ)のフロー


タイトルボイル

野菜類では、たけのこ、メンマなどがこの包材に入れられてスーパーの店頭に並びます。調理済みのものでは、甘露煮や筑前煮、しぐれ煮などの煮物に多く使われます。中の状態がわかるよう透明な素材のものが殆どです。冷蔵保存が基本ですが、長期の保存には適さないのが特徴です。ガスバリア機能はロウ・ミドル・ハイの段階表示があり、高いほど食品の鮮度保持期間が長くなります。ガスバリア機能の調整は、複数のフィルムを貼り合わせる(ラミネートする)ことにより、それぞれのフィルムのバリヤ能力を最大限に引き出すもので、それぞれの食品の特性と適合するフィルム素材との相性を熟知した当社の技術力を納得していただけるセールスポイントのひとつです。

ボイルイラスト
>ボイル(たけのこ・メンマ)のフロー
>ボイル(甘露煮・筑前煮)のフロー
タイトル冷凍
魚介類ではスモークサーモンやカツオのたたき、煮魚などの冷凍商品に使用されるものです。牛・豚・鳥の生肉類でも多く利用されます。生肉ではノンガスバリア/ハイガスバリアどちらも選択できるようになっていますが、サーモン、かつおたたきなどではノンガスバリア(プレッシャー・ピンホール、タイピンタイプ)のみとなります。
冷凍イラスト
>冷凍(シャケ・かつお)のフロー
>冷凍(生肉:牛・豚・鳥)のフロー
タイトルチルド
チルド食品(摂氏〇度で半凍結状態にした食材の総称)専用の包材です。チルド食品は、冷蔵より保存がきき、冷凍より鮮度がよいのが特徴です。カット野菜や、生ナメコ、浅漬けなどの食品に多く用いられます。チルド商品はノンガスバリアだけとなります。
チルドイラスト
>チルド(カット野菜・生ナメコ・浅漬け)のフロー
タイトル一般
ビスケットやチョコレート、クッキー、キャンディー、ポテトチップスなど、お菓子類の包材にも対応しています。菓子だけでなく、珍味(濡れ物)などの包装も対応できます。レタス、ニラ、ねぎ、茄子などの野菜の包装にも用いられる一般軽包装資材です。ありとあらゆる食材に使われる当社の幅広い対応力を見ていただけると思います。どんなに完全に密閉しても、微量の酸素、水蒸気がフィルムを透過して袋内部に入るため、それが食品を酸化・変質・劣化を招き、品質不良の原因となります。防湿・酸化防止には、脱気真空包装が効果的ですが、ガスバリア機能との相乗効果で、さらに品質保持期間を延ばすことができます。
一般包装イラスト
>一般包装(チョコレート・クッキー・キャンディー)のフロー